マナラホットクレンジングゲルは、2017年7月のリニューアルで、安全に重視した成分配合に変ったようです。

何が変わったのか?

1つの例をいいますと、DPGの成分表示が2番目から、かなり下の方に表示されるようになりました。

ということは、DPGという成分の配合を減らしたということです。

DPGは、肌に負担のかかる成分です。

DPGの配合を減らすことで、マナラホットクレンジングゲルの安全性を高めたのです。

では、その他の成分はどうなのか?

マナラホットクレンジングゲルの使用に際し、副作用などの危険性はないのかについて調べましたのでお話します。

 

<目次>
1.マナラホットクレンジングゲル 成分と副作用

2.マナラホットクレンジングゲル 安全性

マナラホットクレンジングゲル 成分と副作用

では、マナラホットクレンジングゲルの成分と副作用についてお話します。

 

<マナラホットクレンジングゲル 全成分>

グリセリン、トリエチルヘキサノイン、オリーブ果実油、ステアリン酸グリセリル(SE)、アーチチョーク葉エキス、メドウフォーム油、パパイン、プロテアーゼ、α-アルブチン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、加水分解コラーゲン、マンダリンオレンジ果皮エキス、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ヒアルロン酸Na、発酵ローズはちみつ/ハチミツ発酵液、ユズ果実エキス、チャ葉エキス、セレブロシド、オウゴン根エキス、ノイバラ果実エキス、ローヤルゼリーエキス、メマツヨイグサ種子エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、ヘマトコッカスプルビアリス油、ダイズ種子エキス、プエラリアミリフィカ根エキス、アスコルビン酸Na、ザクロ果実エキス、ハチミツ、オリーブ油脂肪酸エチルヘキシル、スクワラン、ニンジン根エキス、オプンチアフィクスインジカ茎エキス、ミツロウ、ダイズ油、(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル、(ベヘン酸/エイコサン二酸)ポリグリセリル-10、DPG、ポリグルタミン酸、アルギン酸Na、シアノコバラミン、ステアリン酸PEG-5グリセリル、ステアリン酸PEG-15グリセリル、加水分解酵母エキス、ジステアリン酸ポリグリセリル-3メチルグルコース、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、クエン酸、クエン酸Na、(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K、トコフェロール、イソステアリン酸ソルビタン、リン酸、BG、ポリソルベート60、ペンチレングリコール、リン酸Na、PEG-60水添ヒマシ油、リモネン、水、フェノキシエタノール

 

マナラホットクレンジングゲルに使われている主要成分のグリセリンの効能は、温感効果で毛穴の汚れをすっきりクリアし、ダブル洗顔不要の、嬉しいクレンジングゲルになっています。

初めての方限定キャンペーン!「マナラホットクレンジングゲル」お試し 購入はこちら >>

マナラホットクレンジングゲル 安全性

次にマナラホットクレンジングゲルの安全性についてお話します。

マナラホットクレンジングゲルには「1、着色料、2、合成香料、3、鉱物油、4、石油系界面活性剤、5、エタノール、6、パラベン、7、紫外線吸収剤」この7つすべて無添加を使用しています。

しかし、添加物である「BG」や「フェノキシエタノール」は、品質を三年間保つために配合されています。

「BG」や「フェノキシエタノール」を使ってるからといって、赤みや、アトピーなどの副作用の心配はないようです。

 

人によっては合わない場合がありますので、パッチテストを行なってから使用するようにしましょう。

また、子供や敏感肌の方のマナラホットクレンジングゲル使用にお関しての安全性は問題ありませんが、異常が出た場合はすぐに使用を止め、医師の診断を受けてください。

マナラホットクレンジングゲル 使用期間ですが、スキンケア製品は未開封で2年、開封後は6ヶ月を目安にするといいようです。




このページの先頭へ